合格した先輩たちの体験記と成績の推移

資料請求や無料体験授業のお問い合わせはお気軽に フリーダイヤル:0120-845010 メールフォームはこちらから
一橋総合予備校は群馬クレインサンダースを応援しています。

大学合格体験記 合格への途

大学合格体験記

Sさん横浜私立大学 国際総合科学部
法政大学 キャリアデザイン学部

個人授業では周りを気にせず質問でき、また緊張感を持って授業に望めるので良かったです。学校では教えてくれない解法のテクニックや的確な指導により、復習も楽に出来ました。効率の良い勉強法のお陰で受験を乗り切ることが出来ました。

Kさん千葉大学 看護学部
順天堂大学 医療看護学部

塾に入る前は、本当に「受験」っていう気分ではなかったけど、入ってからは周りの生徒や先生の熱意に影響され、勉強により集中できるようになったし、休日も自習室で長い時間勉強出来ました。先生が一人ひとりを見てくれていて、授業の最後にわかったか聞いてくれたので、自分のわからなかった所が明確になりました。

Iくん東北大学 経済学部
早稲田大学 人間科学部

少人数授業は先生に質問しやすく、また自分のことを先生が覚えてくれるというのも嬉しかったです。授業で成績を伸ばす解法を教えて貰ったことが、自分にとっては革命的でした。

Fくん青山学院大学 法学部
中央大学 商学部

授業中でも分からない所があれば気軽にその場で質問できる事がとても良かったです。個人授業では先生が自分の弱点を把握してくれているため、幅広い観点から問題を克服出来たと思います。また、理論的に答えを導く勉強法が身に付きました。

Kさん立教大学 文学部 英米文学科
青山学院・明治・法政大学

自分がわからない所に正面から向き合って、その授業内で分かるようになりました。また、先生と仲良くなれて、色々相談にのってもらえて心の支えになりました。苦手な分野を授業でやっていくうちに楽しさも見えてきて「出来ないからこそ出来るようにする」という考えに変わりました。

Aさん成蹊大学 文学部
明治学院大学 文学部

勉強をしていて初めのうちは大変な思いをしたこともありましたが、授業を聞いているうちにバラバラだった色々な知識が一つにまとまってきて成績も上がりました。先生が自分の解答の良い所を見つけてくれてそこをどうやればもっと伸ばしていけるかアドバイスをしてくれたおかげで受験生活を乗り切れました。

Nくん大阪教育大学 教育学部
東邦大学 理学部

問題に行き詰まった時や、疑問点を見つけた時、すぐに先生に相談出来ました。難しい問題も独自の方法でわかりやすく楽しく教えてもらいました。また、先生の指導によって長い時間の勉強でも集中力を保てるようになりました。

Iくん弘前大学 農学部
明治大学 農学部

生物が全く出来なかったけど、間違えた問題で、何がおかしかったか、どう考えたら解答を導けるかを丁寧に教えてもらえて、質問もいつでも出来たので良かったです。以前はわからない問題は後でやればいいと思っていましたが、塾に入ってからはその日のうちにできるまで繰り返しやるようになりました。

Mくん上智大学 理工学部
東京理科大学 理工学部

一橋に入ってよかったと思うのは、タンニンの先生が模試の結果を見て学習方法の指導をしてくださったことと、最後まで責任を持って指導してくださったことで安心して学習することが出来たことです。また、分からない問題を時間がかかっても解くという気持ちが持てるようになりました。

Aくん日本大学 理工学部

私は理系なのに数学が苦手で現役の時はいつも足を引っ張る科目でした。しかし、一橋の数学講師陣のおかげで、数学ⅠA・ⅡB・ⅢCとも成績が上がり、なによりも数学の面白さを学びました。授業で講師の先生とコミュニケーションできるので、数学的扇子が磨かれたと思います。

Kさん群馬県立女子大学国際コミュニケーション学部
学習院大学 文学部 英米文学化

個別・少人数制授業なので、自分のレベルにあった授業が受けられました。自分の分からない所を詳しく教えてもらえて、模試や志望校の相談に乗ってもらえて良かったです。テスト前短期集中型だったのが、入塾してからは長いスパンで考える勉強をするようになりました。

Hさん徳島文理大学 薬学部
新島薬科大学 薬学部

少人数の授業なので、恥ずかしがらずに自分の分からない所を分かるまで聞くことができたのがとても良かったです。今までは難しい問題ばかりに手を出していましたが、一橋に入ってからは基礎を固めることの大切さを学び、成績をあげることに繋がりました。

Sさん群馬大学 教育学部

先生が一人一人の学力を把握してくれていて、それぞれに合った学習を指導してくれる所が良かったです。一橋の授業では疑問はその場で解決でき、質問もしやすい環境でした。時間を決めて勉強することで、ダラダラと机に向かうのではなく、集中して学習できるようになりました。

Yさん同志社大学 商学部
明治大学 文学部

個別指導なので、相談がしやすく、授業にも集中して取り組めました。先生が自分のどこが弱いかを把握していてくれて、丁寧に教えてもらえたので良かったです。解説を詳しくしてくれたので、間違えた理由も納得して勉強できるようになりました。

Mさん群馬大学 社会情報学部

個別指導は自分のわからない所を、自分のレベルにあった指導で学べてとても良かったです。若手だった数学は入塾して基礎が分かるようになり、自宅での演習がよく身につくようになりました。受験ギリギリまで授業が受けられて良かったです。

Oくん獨協大学 国際教養学部

フィーリングで解いていた問題も一橋に入ってからは自分で考えるようになり、また嫌いな教科にも積極的に取り組むようになりました。何もかも一から丁寧に教えてもらったことで、偏差値を上げることができて良かったです。

Hくん武蔵野大学 薬学部

個別指導は、分からないところがあったらすぐに質問できて、自分のやりたい所を中心に勉強できて、先生とたくさん話せるところが良かったです。問題の解き方など自分では見つけられない解法を知ることができて、問題を解くスピードがすごく早くなりました。

Hくん金沢大学 人間社会学部

大人数授業だと、個人の進行度・理解度は無視されやすいが、それに対して少人数制・個別指導は自分の能力に応じた授業を受けられて、やりたい内容を中心にできたので、非常に良かったです。入塾してからは、どこが苦手なのかはっきりすることができるようになり、具体的な勉強をすることができました。

Mさん群馬大学 工学部

先生と生徒の距離が近く、自分が聞きたい所や苦手な所を丁寧に教えていただけました。また、わからない場合には、何度でも聞けたので、自分のペースで勉強することができました。塾に入る前は、わからないところはそのままにしてしまっていましたが、塾に入った後は、わからないところは納得するまで勉強するようになりました。

Nさん群馬大学 医学部

数学がとても苦手だったのですが、個別指導なので人目を気にせず質問ができました。先生がよく見てくれたので自分では気づかなかった問題点も指橋してもらえました。好きな教科だけ勉強してしまいがちだったのですが、先生に質問しやすい環境が整っていて、自習室も夜遅くまで開いているので、若手な科目も勉強する習慣がつきました。

合格への途

Aさん(成蹊大学文学部・明治大学文学部合格)の成績の推移

担当講師による分析・評価

Aさんはもともと国語には自信があったのですが、成績に波があるのが悩みだったようです。英語も長文問題はある程度できるがいま一つ限界を乗り越えられないという状況でした.成績が悪いわけではないというとき、一般的に受験生は自分のやり方にこだわって講師のアドバイスを受け入れにくいものですが、Aさんは国語・英語ともに講師が指示するように自分の読み方を変え、そうすることによって成績が高いレベルで安定してきました。苦手の日本史も講義の復習にしぼって勉強することで難関私大に十分合格できるレベルにたどり着くことができました。毎日の講義を中心に勉強し自分の信じる勉強方法を貫けたのがよかったのだと思います。

Iくん(東北大学経済学部・早稲田大学人間科学部合格)の成績の推移

担当講師による分析・評価

I君は全科目とも基礎学カはある方でしたが、志望校である東北大学の二次試験を突破するためには越えなければならない壁がありました。そこで、講師のアドバイスに従って一学期のうちは苦手な数学については基本的事項を固め典型問題を確実に解答できるようにすることに徹し、比較的得意な英語は文構造分析の精度を高め、可もなく不可もない国語は読解の方法論を身につけることを目指しました。そうすることで、二学期以降、英語と国語については文章の意味がわかるというだけではなくその内容を過不足なく説明できるようになり、また、数学も成績が安定してきました。彼の一年間の勉強を貫いていたのは、自分の知識と思考カを高めたいという決意であり、また、講師のアドバイスを忠実に守るという素直さです。二次試験を気持ちの余裕をもって迎えられたと聞いたとき、講師は合格を確信しました。

Nくん(大阪教育大学教育学部合格)の成績の推移

担当講師による分析・評価

N君は受験勉強を始めた当初、各科目ともできる分野とできない分野のばらつきが大きい状態でした。もちろん、N君自身がわかっているつもりでも実はわかっていないところがあり、また、わかっていないと自分では思い込んでいても正しい方向性を捉えているということがあります。弱点をつぶし、得意を伸ばすことができたのは、講師と積極的なコミュニケーシヨンをとったからです。特に大学で専攻する天文学のために重要でありながら苦手意識が強かった数学と物理は息分で納得いくまで考え、それでもわからないときは講師といつまでも議論するという積極性でもって最終的には得意科目にまで伸ばすことができました